0120-194-098

お問い合わせ 9:00〜20:00

0120-475-018

お問い合わせ 9:00〜20:00

中古農機具買取コラム

農機具シェアリング、レンタル、リースの違いを比較!あなたに合った最適な利用方法の選び方

公開日
更新日

近年、持続可能性と効率性が求められる農業の現場では、農機具の取得方法として従来の購入だけでなく、シェアリング、レンタル、リースといった新しいアプローチが注目を集めています。特に、高額な農機具を必要とする小規模な農家や、短期間の使用が求められる場合、これらの新しい方法は経済的にも有効であり、必要な時に適切な農機具を利用できる利点があります。

また、借り手だけでなく貸し手にもメリットが生じます。農機具は眠っている期間の方が長くなっていますが、使わなくなったトラクターコンバイン等の農機具を、買取りではなく、持ち主が貸し手となり、農機具買取りより効果的に農機具を活用できます。

一方、シェアリングは都市部を中心にさまざまな産業で普及してきましたが、その概念は農業においても多大なる可能性を秘めています。特に、農業における資源の有効活用、地域間の連携強化、そして環境への負荷軽減といった側面でのメリットが期待されています。農機具のシェアリング、レンタル、リースのそれぞれの特性と、それらが農業の持続可能性と効率化にどのように寄与しているかに焦点を当てて解説します。

農機具シェアリング

農機具シェアリングの特徴

農機具シェアリングとは、複数の農家が共同でトラクターやコンバインなどの農機具を所有し、使用する方法です。シェアリングの特徴には、利用者同士のコミュニティが形成されることが挙げられます。レンタルやリースに比べて低コストで利用できるため、初期投資を抑えたい農家にとって魅力的です。また、短期間や不定期の利用が可能で、必要な時に必要な機械を柔軟に利用することができます。

農機具シェアリングのメリット

農機具シェアリングは、農家が初期投資やメンテナンスコストを削減しつつ、トラクターやコンバイン、田植え機等の主要農機具だけでなく、地域や特定の果樹や野菜等の専門的な農機具を必要な期間だけ柔軟に利用することを可能にします。例えば、ニンニクやネギの栽培であれば、専用の機械が必要となります。専用的な機械は比較的高額になることが多いので、個人で購入すると負担が大きくなりますが、同じ農家同士で貸し借りや共同購入ができれば、経済的負担はかなり軽くなります。

また、個人が購入した農機具を自ら貸し出すことによって、普段は眠らせている農機具を貸しに手回ることにより。有効活用が可能です。さらに最近では離農も増えてきています。本来であれば、JAや農機具の買取り業者へ農機具買取りをするところを、自らが貸手となりレンタルやリースをおこなうことにより、農機具買取りより効率的に収益となります。

メンテナンスや修理等の維持費や手間を省けますし、年間を通して使用しない農機具を保管する倉庫や農舎のスペースを確保する必要がないなど、様々なメリットがあります。

農機具シェアリングのデメリット

シェアリングのデメリットとして、個人からのシェアリングが多いため農機具の品質が一定でない場合があることや、利用時期が集中して希望の日に借りられないことがあります。また、共同購入や個人間シェアリングではトラブルが発生する可能性もあります。特にトラクターやコンバインのシェアリングにおいては、中古農機具を購入している場合や、買取りできなかったような粗悪な農機具が出てくる場合もあります。

農機具シェアリングの将来展望

農機具シェアリングの将来において、技術の進化が大きな役割を果たすことが予測されます。特に、IoTやAIの発展により、より効率的で高度な農業実践が可能になるでしょう。持続可能性や環境への配慮が強く求められる現代において、シェアリングはリソースの有効活用という点で環境への取り組みとしての側面を強めていくことが期待されます。また、地域の特色やニーズに応じたシェアリングプラットフォームが現れることで、地域経済やコミュニティの活性化が進む可能性もあります。

今までは農業をやめた場合、使用していた農機具が不要になると、そのトラクターやコンバインをJAや農機具買取り業者へ買取り依頼するケースが多かったですが、シェアリングに展開することで、農機具を売却するより経済的になります。国際的な視野で見ると、シェアリングのネットワークやプラットフォームが国を超えて拡大することで、農家間の知識交流や技術移転が促進されることも考えられます。

業者とJAの農機具買取りサービスの違い、古い農機具の処分方法を徹底解説

農機具レンタル

農機具レンタルの特徴

農機具レンタルとは、JA(農協)や農機具店から必要な農機具を一定期間借りる方法です。レンタルの特徴は、一定期間の使用後に農機具を返却することが原則であり、短期的な利用に適しています。レンタルはメンテナンスが不要で、手軽に利用できるため、特定の作業や短期間の使用に最適です。レンタルサービスを提供する農協や農機具店は信頼性が高く、安心して利用できます。

農機具レンタルのメリットとデメリット

レンタルのメリットは、必要な期間だけ農機具を利用することで無駄が少ないことです。短期間で特定のニーズに対応でき、信頼性の高い農協や農機具店から借りるため安心です。一方で、長期利用の場合、レンタル料金が高めになるため経済的に非効率な場合があります。また、予約が集中して借りられないこともデメリットです。

トラクター、コンバインの農機具レンタルでもっと効率的に!おすすめ業者3選

農機具リース

農機具リースの特徴

農機具リースとは、三井リースやJA(農協)、販売店などから長期間にわたり農機具を借りる方法です。リースの特徴には、長期間の安定した利用が可能であることが挙げられます。リース契約により初期コストを低く抑えることができ、契約終了時には農機具を買取りやリース継続の選択が可能です。リースは、長期間にわたり農機具を安定して使用したい農家に適しており、メンテナンスやサポートが含まれる場合もあります。

農機具リースのメリットとデメリット

リースのメリットは、農繁期に返却する必要がないため、安心して長期的に農機具を使用できることです。必要に応じて農機具を買取ることもでき、経済的に安定感があります。リース契約にはメンテナンスやサポートが含まれる場合もあり、トラブル時も安心です。しかし、リース契約期間中は変更や終了が難しく、長期的なコストがかかる場合があることがデメリットです。

農機具シェアリングとレンタル・リースの違いまとめ

シェアリングとレンタル・リースそれぞれの特徴をまとめました。

シェアリング レンタル リース
定義 複数の農家がトラクターやコンバイン等のサービスを共有し、使用すること。 農機具レンタルをおこなっている、JA(農協)や農機具店からレンタルをおこなうこと。 三井リースやJA(農協)、販売店等から長期間にわたり農機具の借入れをおこなう。期間終了後、買取り継続等の選択が可能な場合も。
特徴 利用者同士のコミュニティ形成
レンタルやリースより安く利用できる。
短期間や不定期の利用が可能
一定期間の使用後は返却が原則。
短期の利用やメンテナンス不要な場合に適している。
長期間の安定した利用が可能
初期コストを低く抑えられる。
終了時の選択が可能
メリット 高価な農機具を低コストで利用できる。
共同購入し仲間でシェアすることできる。
コンバインや田植え機は年に数回しか使用しないので眠らせるているだけでなく貸し手にメリットがある。
必要な期間だけの利用で無駄が少ない
短期間での特定のニーズに対応可能。
JA(農協)や農機具店がおこなっているので、安心かつスムーズである。
農繁期に返却する必要がないので、安心して長期的に使用できる
必要に応じて買取りもでき、経済的に安定感がある
メンテナンスやサポートが含まれる場合がある
デメリット 個人からシェアリングすることが多くなるので、品質が一定でない場合がある。
利用の際、時期が集中して、希望の日に借りれない場合がある。
共同購入や個人間シェアリングではトラブルが想定される。
長期利用の場合、比較的料金が高めなので経済的に非効率な場合がある
予約が集中して借りれない場合がある
契約期間中は変更や終了が難しい
長期的なコストがかかる場合がある

農機具レンタルについての参考記事
のうき屋コラム:トラクターやコンバイン、草刈り機など、農機具レンタルを開始!特徴や料金

人気の農機具メーカーと農機具選びの基準

農機具を選ぶ際には、信頼できるメーカーを選ぶことが重要です。人気の農機具メーカーは、品質、信頼性、サポートの面で高い評価を受けています。代表的な日本の農機具メーカーには、ヤンマーやクボタ、日立建機などがあります。これらのメーカーは、長年にわたり農業機械の開発や製造に携わり、幅広いラインナップを提供しています。

農機具メーカーの特徴や選ぶ際の基準は別記事:代表的な日本と海外の農機具メーカー9社と農機具選びの4つの基準を参考にしてください。

新規就農者には中古農機具もおすすめ

レンタル、シェアリング、リースも良いですが、新規就農者には中古農機具もおすすめです。初期投資を最小限に抑えつつ、必要な機械を手に入れる方法として、これらの選択肢と中古農機具を組み合わせることで、効果的な経営が可能です。

中古農機具は新品に比べて価格が安く、幅広い種類の機械が取り揃えられています。信頼できる販売業者から購入すれば、中古農機具でも安心して長期間使用できます。ただし、中古農機具を選ぶ際には注意が必要です。使用歴やメンテナンスの状態を確認し、適切な機械を選ぶことが重要です。農機具買取のトラブルについては、農機具買取のよくあるトラブルと失敗しない売り方もチェックしてみてください。

まとめ

農機具シェアリングは、現代の技術革命と持続可能性への取り組みを背景に、農業の新しい風景を形成しています。国際的な協力や地域経済の活性化、そして新しいビジネスモデルの創出といった多岐にわたる可能性を秘めているこの動きは、今後も農業界の発展と革新に大きく貢献していくでしょう。シェアリングエコノミーの一環として、農機具シェアリングは私たちの持つリソースを最大限に活用し、より持続可能で共有される未来への道を切り開いているのです。

こちらの記事も読まれています。
これから儲かる農業とは?高単価な作物から新たなビジネスまで幅広く紹介!
農業をするのに必要な資格18選!必須の資格からビジネスの幅を広げる資格まで
農業で使える補助金・助成金27選!新規就農者や人材確保向けの制度も解説

中古の農機具・農業機械の買取をお願いしたくても、相場が分からなくて不安な方は多いでしょう。
そんな方には、一括査定がおすすめです。一括査定であれば、1回で複数の業者から見積りをとれます。さまざまな業者を比較することで、相場が分かるでしょう。農機具が複数台ある場合でも、一度に見積りがとれるので便利です。

農機具の買取業者を迷っている方は、こちらから一括査定を依頼してみましょう。

この記事につけられたタグ
この記事を書いた人
田中 和男
田中 和男

卒業後、地元のJAに就職し30年以上農機センターで勤務。 定年退職後、自ら中古農機事業を立ち上げて地元を中心に販売・買取やレンタルを行う。 農業機械1級整備士の資格あり。 自らも兼業農家として実家の農業を50年近くやっています。

買取金額を今すぐ調べる!無料 今すぐ一括査定依頼をスタート!

買取金額を今すぐ調べる!無料 今すぐ一括査定依頼をスタート!

無料 今すぐ一括査定

24時間受付中 LINE査定

無料 今すぐ一括査定

LINE査定