0120-194-098

お問い合わせ 9:00〜20:00

0120-475-018

お問い合わせ 9:00〜20:00

中古農機具買取コラム

農機具(トラクター)の保険について徹底解説

公開日
更新日
目次
  1. はじめに:トラクター保険の重要性
  2. トラクター保険の種類
  3. トラクター保険の選び方:ポイントと注意点
  4. トラクター保険加入時の手続き
  5. トラクター保険の更新と解約
  6. トラクターの保険を取り扱っている保険会社
  7. トラクターの保険を取り扱っている共済(JA共済、NOSAI)
  8. まとめ:トラクター保険で安心な農業を実現しよう

1. はじめに:トラクター保険の重要性

トラクターは農業において重要な役割を果たしていますが、使用中に事故や故障が起こることがあります。そのため、トラクター保険は農業従事者にとって重要な安心要素となります。この記事では、トラクター保険の種類と選び方、加入手続きや更新・解約について解説します。

2. トラクター保険の種類

  • 対物賠償保険
    トラクター使用中に他人の財産に損害を与えた場合の補償を行います。例えば、建物や車両、その他の農機具などが対象となります。
  • 対人賠償保険
    トラクター使用中に他人にけがをさせた場合の補償を行います。医療費や慰謝料、休業補償などが含まれます。
  • 自動車保険(任意保険)
    一般的な車両と同様に、トラクターの事故や故障に対する補償を行います。任意保険は、対物賠償や対人賠償をより広範囲でカバーするものです。
  • 機械保険
    トラクターの故障や損傷に対して補償を行います。火災や自然災害など、様々な要因による損害が対象となります。

3. トラクター保険の選び方:ポイントと注意点

  • 保険料の比較
    保険料は、保険会社やJA(農協)共済によって異なります。適切な保険料を選ぶために、複数の保険会社の見積もりを取り寄せて比較検討しましょう。
  • 補償内容と範囲
    保険にはそれぞれ補償内容と範囲が異なります。必要な補償を網羅しているかどうかを確認し、不足している場合はオプションで追加するか、別の保険会社のプランを検討しましょう。
  • 保険会社、JA共済などの評判とサービス
    保険会社の評判やアフターサービスも重要です。口コミやインターネット上の評価をチェックし、迅速かつ丁寧な対応が期待できる保険会社を選ぶことが望ましいです。

4. トラクター保険加入時の手続き

  • 必要書類
    保険加入には、トラクターの登録証明書や免許証、車検証などの書類が必要です。また、保険会社によっては、使用状況や設置場所などの情報を提供する必要があります。
  • 手続き方法
    保険加入手続きは、保険会社、JA(農協)の窓口やインターネットを利用して行うことができます。最近では、オンラインでの手続きが主流となっており、簡単かつ迅速に手続きが完了します。

5. トラクター保険の更新と解約

  • 保険更新時期
    トラクター保険の更新時期は、契約期間が終了する前に決定します。更新時には、保険料や補償内容の見直しを検討しましょう。
  • 解約手続き
    保険の解約は、契約期間中でも可能ですが、解約手数料が発生する場合があります。解約を検討する際は、手数料や保険金返還額を確認し、損をしないよう注意しましょう。また、トラクターを買取業者に売った場合、個人売買した場合など解約手続きを忘れないで下さい。

6. トラクターの保険を取り扱っている保険会社

トラクターや農業機械の保険を取り扱っている保険会社のいくつかの例を以下に示します。ただし、現在の状況や提供されているサービスについては、直接保険会社に問い合わせるか、ウェブサイトを調べて最新の情報を入手してください。

  • ソニー損保
  • 三井住友海上火災保険
  • 東京海上日動火災保険
  • あいおいニッセイ同和損害保険
  • T&D 保険グループ (新生損保・大東海損保)

7. トラクターの保険を取り扱っている共済(JA(農協)共済、NOSAI)

農業機械共済‘NOSAI

農業者が使用する機械やトラクターなどの農業機械に対して提供される保険サービスです。この共済は、NOSAI(農業共済組合)によって運営されており、農業者が農業機械に関連するリスクから保護されるように設計されています。

農業機械共済がカバーする一般的なリスクには、以下のものが含まれます。

  • 事故: 農業機械の使用中や移動中に発生する事故による損害。
  • 故障: 機械の故障や破損による修理費用。
  • 盗難: 農業機械が盗難にあった場合の損失。
  • 火災: 火災によって農業機械が損傷した場合の損失。
  • 自然災害: 地震、台風、洪水などの自然災害による損害。

農業機械共済の保険料は、機械の価格や種類、保険期間、保障範囲などによって異なります。また、所在地のNOSAI組織によって、具体的な保険内容や加入条件が異なることがあります。

農業機械共済に加入することで、農業者は農業機械に関連するリスクから保護され、機械の修理や交換が必要になった場合にも経済的な負担を軽減することができます。加入を検討する場合は、最寄りのNOSAI組織に問い合わせて、詳細情報を確認してください。

JA共済

JA共済には農機具やトラクターを対象とした保険・共済サービスがあります。農業機械共済は、農業機械やトラクターに関連するリスクをカバーするための保険プランです。JA共済が提供する農業機械共済は、農業者が使用するトラクターや農機具に対する事故、故障、盗難、火災、自然災害などのリスクを保障します。

JA共済の農業機械共済は、地域密着型のサービスを提供しており、農業者のニーズに応じた保険プランを選ぶことができます。具体的な保険内容や加入条件、保険料は、所在地のJA組織によって異なる場合があります。そのため、詳細情報については最寄りのJA組織に問い合わせて確認してください。

JA共済の農業機械共済は、農業者に特化した保険プランであるため、農業機械やトラクターに関連するリスクから保護されることを目的としています。農業者にとって、JA共済は適切な保障を提供する選択肢の一つです。また、JAは農機センター等があるので、トラクターを買取や下取りに出したり、処分した際にもスムーズにいけますね。

【徹底解説】トラクターの爪の選び方とおススメのメーカーを紹介

【徹底解説】トラクターの爪の選び方とおススメのメーカーを紹介


トラクターのタイヤの種類と選び方からおすすめメーカー

トラクターのタイヤの種類と選び方からおすすめメーカー


【永久保存版】トラクターの取付ヒッチの種類と見分け方

【永久保存版】トラクターの取付ヒッチの種類と見分け方

8. まとめ:トラクター保険で安心な農業を

トラクター保険は、農業におけるリスク管理の一環として重要な役割を果たします。保険料や補償内容を比較検討し、自分に適した保険を選ぶことで、安心して使用できます。

トラクターや農業機械の保険は、農業者が関連リスクから保護されることを目的としています。保険会社や共済組織(JA共済、NOSAI)がこれらの保険・共済サービスを提供しており、事故、故障、盗難、火災、自然災害などのリスクをカバーします。保険プラン、保険料、保障内容は各組織や保険会社によって異なります。詳細情報については、最寄りの組織や保険会社に問い合わせて確認してください。トラクターを買取や下取りに出した場合は手続きを忘れずに。

この記事を読んだ方には、以下の記事もおすすめです!
人気農機具・農業機械メーカーの中古トラクター買取価格相場とクチコミ評価
https://agreuse.com/column/20230326/
トラクターのトラブル(故障)の原因と対処法
https://agreuse.com/column/20230210/
トラクターの買取りは可能?高く売るためのコツも解説
https://agreuse.com/column/20221213/

中古の農機具・農業機械の買取をお願いしたくても、相場が分からなくて不安な方は多いでしょう。
そんな方には、一括査定がおすすめです。一括査定であれば、1回で複数の業者から見積りをとれます。さまざまな業者を比較することで、相場が分かるでしょう。農機具が複数台ある場合でも、一度に見積りがとれるので便利です。

農機具の買取業者を迷っている方は、こちらから一括査定を依頼してみましょう。

この記事につけられたタグ
この記事を書いた人
田中 和男
田中 和男

卒業後、地元のJAに就職し30年以上農機センターで勤務。 定年退職後、自ら中古農機事業を立ち上げて地元を中心に販売・買取やレンタルを行う。 農業機械1級整備士の資格あり。 自らも兼業農家として実家の農業を50年近くやっています。

買取金額を今すぐ調べる!無料 今すぐ一括査定依頼をスタート!

買取金額を今すぐ調べる!無料 今すぐ一括査定依頼をスタート!

無料 今すぐ一括査定

24時間受付中 LINE査定

無料 今すぐ一括査定

LINE査定